工場

重要な金型

金型部品加工について。

工場

物流会社では大手電機メーカーの精密機器の輸送、梱包、保管、物流加工等を行っています。この大手電機メーカーでは精密機器の製造の為の金型を作っていて、この金型を使って精密機器の部品加工を行っています。取り扱っている精密機器が何千種類もの製品となってくると、それに合わせて金型も数百種類必要になってきます。そしてこの金型を使って部品加工を行い、数千種類あります製品を作ることになります。このように金型は製品を完成させるための部品加工に必要となりますので、とても重要なものとなります。この金型さえ出来れば後は部品加工を行い製品を作っていくだけなので、金型作成にはとても慎重に行なうべきであり、大きさに少しでも違和感があったり不都合があるのであれば妥協せずにしっかりと調整を進めていきましょう。

金型を梱包から輸送までの物流作業を行う場合にはクレーン等の大型機が必要となります。金型は大きなもので100キロ〜200キロもの重量がありますので、梱包は基本木枠梱包となります。金型の大きさに合わせた木枠を作成し、クレーンを使って吊り上げ木枠で梱包します。そして輸送は重量物となりますので宅配業者での輸送は出来ません。このため路線業者を使って輸送する場合には、重量物の配送を取り扱っています専門の配送業者を使って輸送を行います。また路線業者を使わない場合は、二トントラックなどトラック一台を貸し切り輸送することもあります。重量物ということもあり危険が伴うため、積み込みから荷卸しまでは細心の注意が必要となります。